資産形成・資産運用をお考えの皆様へ
HOME > 資産形成・資産運用をお考えの皆様へ > 不動産投資を始めたい > 不動産投資について > 物件の選び方

不動産投資物件を始めたい

不動産投資について:物件の選び方

利便性や環境、将来性を充分に調査する必要があります。

不動産投資を始める目的は様々なものがありますが、一概に「利回り」だけで判断するのは危険な選択です。不動産は固定資産ですので立地や建物を動かすことはできません。利便性や環境、将来性を充分に調査する必要があります。

■近隣生活調査

最寄駅迄の距離や都心へのアクセス、高速道路アクセス等のインフラ状況、スーパーマーケットや飲食店等の利便性、最寄の病院や診療所等の距離によって、近隣生活環境を調査します。

■周辺環境調査

周辺に建っている建物(階数等)や生活に危険を及ぼす施設があるか?公園等の自然は隣接しているか?日照や騒音は問題ないか?地域特性からワンルームタイプかファミリータイプの住宅が適しているか等の立地特性を調査します。

■賃料と入居率調査

収益性に大きな影響を与えるのが賃料設定と入居率です。周辺の賃料相場や建物の資産性、管理体制、サブリースメニュー等の安心かつ安定性を判断します。地域の将来動向をつかんでおくことで、購入する不動産の将来価値や活用方法が判断しやすくなります。

  • 不動産投資に関するお問い合わせはこちらで承ります。お気軽にご相談ください。
  • お問い合わせ