mainImg
HOME > ファンド・アセット担当者様へ > 長谷工のプロパティマネジメント

長谷工のプロパティマネジメント

永年にわたる賃貸マンション運営実績をバックに、プラオパティマネジメントをスタートしています。

プロパティマネジメントの取り組み

不動産の証券化など、金融と不動産の垣根はさらに低くなることが予想されます。重要なのは良好なマネジメント。長谷工ライブネットは、欧米ではすでに常識となっているプロパティマネジメントを進展させ、有効な資産運用を実現しています。

■【「住居系」と「商業系」の違い】

商業系の場合、テナントがビジネスユースなので長期の契約が見込めるのに反し、住居系の場合は、契約から解約までのタームが短いのが現状です。 さらに住居系は「住まい」という生活基盤を担った賃貸住宅を取り扱うので、ユーザーの出入りは不定期、かつ頻繁。クレーム対処の幅も広く、対応はきめの細かさが要求されます。退去時の原状回復が、商業系に比べて煩雑なことも特徴です。

■【すでに住居系のプロパティマネジメントのベーシックを実践していました】

<運営向上> → <資産向上> → <信頼>
オーナー様の資産を守り、資産を増やす、それらの結果としていただく「信頼」という評価。この繰り返しによって信頼の輪を広げてきました。当たり前のことを、当たり前に徹してきた長谷工ライブネットは、永年にわたり、住居系プロパティマネジメントのベーシックを実践してきました。

■【プロパティマネジメント システム概要

プロパティマネジメント システム概要